HDDレコーダーのデータ管理(バックアップなど)

http://rdwiki.rd-style.info/wiki.php?HDD%8E%DA%8E%BA%8E%B0%8E%C0%8E%DE%8E%B0%A4%CE%8E%C3%8E%DE%8E%B0%8E%C0%B4%C9%CD%FD%28%8E%CA%8E%DE%8E%AF%8E%B8%8E%B1%8E%AF%8E%CC%8E%DF%A4%CA%A4%C9%A1%CB
このエントリーをはてなブックマークに追加 (+旧URL)

アクセス5

今日3昨日4

東芝 RD-E300搭載HDDのデータ救出成功例

情報:http://hanposaki.blog.so-net.ne.jp/2009-03-25

<準備>
()Knoppix6.2(GNOME版)をインストール()Linuxコマンドポケットリファレンス(技術評論社)などの本を用意(windouwsで言うとMS-DOSと同じでコマンド必要)
()USB2.0変換ケーブルを2つ用意し、「東芝レコーダー300GBのHDD」と「保存用300GBのHDD」を外付けする。
() Gparted (左下アイコン「Kメニュー」⇒「設定」⇒「Gparted」)を起動する。右上の▼をクリックし、3つのHDDの「OSのHDD(内蔵IDE接続)」と「東芝レコのHDD(外付けUSB接続)」と「保存用300GBのHDD(外付けUSB接続)」が認識しているのを確認。
() ターミナル(左下アイコン「Kメニュー」⇒「アクセサリ」⇒「システムターミナル*スーパーユーザーモード」) 起動する。
画面は、root@MicroKnoppix:/home/Knoppix:/# となり、
root@MicroKnoppix:/home/Knoppix:/#  cd / と入力。
root@MicroKnoppix: /# mkdir /mnt/E300 と入力。(新しいディレクトリをつくる。)
root@MicroKnoppix: /# mount /dev/sda2 /mnt/E300と入力。)(新しいディレクトリをマウントしておく) 

<開始> �ddコマンドをつかって「東芝レコのHDD(外付けUSB接続デバイス/dev/sdc1)」を「保存用300GBのHDD(外付けUSB接続デバイス/dev/sdb1)」へコピー (※ここではデバイス⇒イメージファイルなので/media/sdb1/RD-E300.img)また、東芝レコHDDは、解析の結果、HDDのデータが奇数バイトと偶数バイトが逆になっている   (理由 http://www28.atwiki.jp/jennychan/pages/14.html)ので、ddコマンドにconv=swab をつけくわえる。実行後、UDFフォーマットになっている 。   <注意>cp はファイルからファイルにコピーするだけであるが、dd はファイルからデバイス、デバイスからファイル、デバイスからデバイスへのコピーも可能。また、Knoppix のIDE接続は、/dev/sda1(※Debianでは、/dev/hda1となる。)                                                                                                     root@MicroKnoppix: /# dd if=/dev/sdc1 of=/media/sdb1/RD-E300.img conv=swabと入力。 (※デバイス/dev/sdc1からファイルRD-E300.imgへ コピーなので/dev/sdb1/RD-E300.imgでなく/media/sdb1/RD-E300.img となる。 実行が終了して root@MicroKnoppix: /#がでるまで4時間以上かかった。転送速度が速いSATA接続かUSB3.0接続の方がいいかも。)

�以下のmountコマンドで上記の<準備>で作った/mnt/E300にマウントし、UDFを読む。念のためReadOnlyでマウントします。~         

root@MicroKnoppix: /# mount -t udf -r -o loop /media/sdb1/RD-E300.img /mnt/E300と入力。              (※参考Linuxコマンドポケットリファレンス(技術評論社)。loopオプションはデバイスのかわりにファイルをマウントポイントにマウントできる。例えば、イメージファイル)

�マウントできたら、lsコマンドで中を見る

root@MicroKnoppix: /# ls /mnt/E300と入力。                             ./ RDCOMRSV.DAT RDTS00_1.DAT TS_EPG/ TS_HMANG/ TS_LOG/  .. RDPS00_1.DAT RDTS01_1.DAT TS_EPGDT/ TS_HTHMN/ TS_MANGR/  EVT_MGR/ RDPS_DUB.DAT RDTS_DUB.DAT TS_HDDAV/ TS_LBRRY/ TS_PFDAT/               

�画像ファイルは、HR_MOVIE.VRO(TS_HDDAVの下の、HDVR_VOBの下にある)                 

root@MicroKnoppix: /# ls -l /mnt/E300/TS_HDDAV/HDVR_VOB/HR_MOVIE.VRO と入力。              -rw-rw-rw- 1 4294967295 4294967295 248070539264 Feb 27 18:20  TS_HDDAV/HDVR_VOB/HR_MOVIE.VRO

�VLCで再生してみる。(※totemでは最初の2時間程度でそれ以上は再生できない。)~           

root@MicroKnoppix: /# vlc /mnt/E300/TS_HDDAV/HDVR_VOB/HR_MOVIE.VROと入力。

(別のやり方は、PCManファイルマネージャのアイコンをクリック⇒mntをクリック⇒「ツール」「rootユーザとして現在のフォルダを開く」⇒E300をクリック⇒TS_HDDAV⇒HDVR_VOB⇒HR_MOVIE.VROをクリックでも再生できる)


RD-Wiki Site admin: RDXS-E
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
Powered by PHP 4.4.6 / HTML convert time to 0.023 sec.