HDDレコーダーとPC(再生画質など)

http://rdwiki.rd-style.info/wiki.php?HDD%8E%DA%8E%BA%8E%B0%8E%C0%8E%DE%8E%B0%A4%C8PC%A1%CA%BA%C6%C0%B8%B2%E8%BC%C1%A4%CA%A4%C9%A1%CB
このエントリーをはてなブックマークに追加 (+旧URL)

アクセス3

今日3昨日1

再生ソフトによる画質アップ

Blu-rayや、地デジに合わせて大画面ワイド液晶買ったはいいけど、DVD見ると粗が目立つ場合や映像の縦横比が狂って変になったなどのとき、PowerDVD8やPowerDVD9を使えば DVDビデオやアナログテレビを録画したDVDなどスタンダードの映像(画質480p相当の画質)をフルHD規格の映像(ハイビジョン高画質1920×1080並の1080p)まで向上でき、自動的でアスペクト比率調整をやってくれるみたいです。

※ただし推奨動作環境/intelのCore2Duo 1.5GHz または AMDのTurion 64X2 1.8GHz 以上みたいです

アップスケーリング機能(PowerDVDなど)

DVD規格で利用されている480p相当の画質を、アップスケールを行うことで、Blu-rayのフルHD規格と同じ1080pまで向上 http://jp.cyberlink.com/products/powerdvd/overview_ja_JP.html

PowerDVD9
(1)※トゥルーシアターHD
480p相当の画質を、アップスケールを行うことで、フルHD規格並の1080pまで向上。低解像度映像で出やすい画像のギザギザなどを取り除き、ぼんやりとした映像を、輪郭がはっきりした映像へと変身させる。 
(2)※トゥルーシアターMotion
元データを解析し、各実フレーム間に仮想フレームを差し込むことでフレームレートを増やし、再生映像をよりスムーズに映す。また、最適なフレームレート数を自動で決めるため、特別な操作はいらない。
(3)※トゥルーシアターStretch
ディスプレー環境により再生映像が受ける影響を取り除く。例えば、16:9のディスプレー環境において、4:3の映像をフルスクリーンで再生した場合に、アスペクト比(映像の縦横比)が狂うことがある。自動的にこの比率調整を行い、ノンリニアで環境に即した本来の映像を映し出すことができる。

PowerDVD

AVC録画でDVDにHD画質

※パナソニックや東芝や三菱や日立のブルーレイレコーダーでは、AVCREC

※SONYなどは、AVC

(AVC録画でDVDにHD画質が可能だけど、PS2や一部のDVDプレーヤーで再生できないなどの問題あり。)


RD-Wiki Site admin: RDXS-E
PukiWiki 1.4.7 Copyright © 2001-2006 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-ji
Powered by PHP 4.4.6 / HTML convert time to 0.030 sec.